<head> バスケ | PSYCHEDELICROW
RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
1998
 中三の頃、部活でWinter cup1998決勝のビデオを観ました。
能代工高vs市立船橋です。
能代の大会九連覇がかかった大一番です。(ウインターだけではないですよ)

お気づきの方もいるかもしれませんが、その頃の能代の主将は、そう、田臥勇太選手です。

その時私は田臥選手のプレーはほとんど見たことが無かったので、どんなもんだろうと期待していました。まぁ〜裏切られませんでしたね。凄かったです。
この人がNBAに挑戦したというのも頷けます。
対する市船には今三菱にいる鵜沢潤選手がいました。
鵜沢選手の今のプレーは知らないのですが、当時はパワー十分、さらに3ポイントも上手いプレイヤーでした。


と、トップレベルの戦いを存分に楽しませていただきました。
上にあげた二人も凄いのですが、私が特に気に入ったのは、「能代三人衆」と呼ばれた”田臥、若月、菊地”三選手の中の、菊地勇樹選手です。
菊地選手は上背のあるシューターで、中でも勝負できるプレイヤーです(それまでは「シュートだけ」だったらしいのですが、ウインターでは強いドライヴも見せてくれました!)。
それから私は外、中両方出来るプレイヤーを志そうと思いました(現実はなかなか厳しい・・・)。

その菊地選手ですが、田臥選手のように表立った活躍を聞きません。
バスケをやってるかも不安になったので、ググってみると・・・「琴丘体協」というチームでプレーしてました。
秋田県にあるチームです。
3ポイントでの活躍がよく記事で見られるので、変わらないスタイルでやっているのだなぁ、と安心しました^^
外見はちょっと変わった、という感じでしょうか。
10kg増えたらしいので、それも関わってきてるのでしょうか・・・
というかもう11年以上前の話なので、変わっていて当然ですね^^
これからも頑張っていってほしいものです。
author:みなみけ, category:バスケ, 22:48
comments(0), trackbacks(0), pookmark
バッシュよ・・・何故お前はそんなにも儚いのか
 とりあえずバスケやっていると度々別れが来ますね・・・
そう、バッシュとの別れです。
天命を全うするまで、愛情を注ぎ、苦楽を共にし・・・

昨年11月から履いてきた愛するゲルトライアックス2ともついに別れのときが来ました。
♪いま〜こそ〜わか〜れめ〜 いざ〜さら〜ぁばぁ〜♪
てな感じで。

いや、実は別れは突然でした。
徐々にではなく、いきなりグリップが効かなくなりました。
四連休前はまだまだ現役バリバリだったのに・・・

で、明日バッシュを買いに行くんですが、困ったことにトライアックス3なるものはまだ出ておらず(これからも出るだかなぁ)。
次点のゲルバーストのガンメタは限定だからない。
だとすると、私の選択肢は

もう一度ゲルトライアックス2レギュラー
色は我慢して、ゲルバースト(ネイビー)
間を取って(何の間!?)ゲルディビジョン2(白)

になると思います。

オーダーのトライアックスは、時間と金の都合で無理です・・・
もう配色は考えてあるのに。。。
もう少しトライアックス君が粘ってくれたらよかったのに!
author:みなみけ, category:バスケ, 21:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ある種のスランプ
 頭では分かっているが身体が対応してこないのはままあること。


最近部活がうまくいかないというか乗れない。上がってこない。
この時期は大事なんだから、頑張らないと・・・
って思えば思うほど動きが下降線を辿る。
勉強もやらなきゃいけないことが山積。夏からしっかりセンターへの力をつけていかなくてはならないし。
勉強もしたいし、バスケもしっかりとしたい。
でも、勉強もしたくないし、バスケもしたくない、なんて時もある。
こんなコンフリクトがあるのか??


向いてないんじゃないかってふと思ってしまう。


しかし泣き言を言っていられないのが現実であり、時の流れは待ってくれない。
とりあえずやるしかないんだなぁと思う。


エヴァに乗らなきゃいけないから乗るシンジ/乗りたくないから乗らない、乗りたいから乗るシンジ。
どっちがいいとは言えないしね。
TV版と「破」では違うように、変わっていくもの。人ってのは。




author:みなみけ, category:バスケ, 21:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
先輩
 先日先輩が引退した、とのことは記した。
もう考えないことにしようとしたのだが、今日だけはそうはできない。
先輩全員に世話になったし、俗に言う先輩後輩の確執なんてものはなかったから、本当に良い先輩だったんだな、と、ひしひしと感じる。
今日はある先輩とのことを書きたい。
名前は伏せる、関係者には丸分かりであるが。

先輩の引退も近くなったある日、私は自主練をしていた。
そこにその先輩がやってきて、1on1をしようと言って来た。

その先輩と私はポジションが近く、怪我やファウルトラブルで先輩が試合に出られないときには私が出た。
自分じゃ埋め合わせはできてないと思っていたが、心の中ではライバル心を持っていた。良い意味で。

その先輩と長時間1on1をするのは初めてだった。
当然、先輩は強かった。
特筆ドライブが凄かった。私ではとても止められない。
やっぱり先輩の壁って言うのは大きかった。それを感じたとき、私は心地よい挫折感に浸ってしまった。
思い返すと、この一年先輩と練習で何回もマッチアップした。何回もドライブで抜かれた。
抜かれるたびに、アウトシュートでやり返そうと毎回思った。
そんなことを考えていると、なんだか懐かしい気持ちになり、それと同時に、近づく別れの寂しさも感じた。
最初で最後の1on1は、何か大きなものをくれた気がする。
そして、この先輩と競い合えて、まぁ私の心の内だけかもしれないが、本当によかったと思った。

先輩は引退してしまったが、あの力強いドライブは色褪せずに私の瞳に残り続けるだろう。
私は先輩と同じ背番号5を、受け継げたらいいなと思う。
そう感じた一日だった。

author:みなみけ, category:バスケ, 23:48
comments(1), trackbacks(0), pookmark
これから
 今日一日昨日の試合のことを考えてた。

4Q目の全員の気迫は凄かったなぁとしみじみ思った。
先輩達の勇姿に感動した。


これから私達は新たな歩みを踏み出すわけだが、決して昨日の試合のことは忘れることはないだろう。


確かに悲しいけれど、今ここで悲しみで立ち止まるよりも、将来一勝でも多く勝ち進むことが先輩達への恩返しになると思う。
だから、チームを引っ張っていけるプレイヤーになれるように、明日、いや今日から頑張って行きたい。

author:みなみけ, category:バスケ, 23:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
今日、気づいたこと
 当たり前なんてこの世にはない。


author:みなみけ, category:バスケ, 22:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
みせてやる
 さぁ行こう!みせてやろうぜ

"「みせてやる」の「み」は「魅力」の「魅」!"

この言葉好きだなー^^


がんばるぞ
author:みなみけ, category:バスケ, 22:44
comments(0), trackbacks(0), pookmark